FC2ブログ

みゃーごろ miagolo

『晴れの国』岡山から里親さま・持ち主さまを募集します!

Entries

子猫を預かっています 【黒白姉妹】


こんばんは。
今夜は、里親さま募集中の子猫たちについて、保護された時の状況や様子をお伝えします。


5月1日(月)の夕刻、知人より電話があり
「犬の散歩に来たら、子猫が2匹鳴いているんだけど、どうしよう?」
と相談されました。
聞けばまだ小さく、素手で捕まえられると言うので、ひとまず捕獲してもらい、互いの中間地点で合流する約束をしました。
しかし、予定時間を過ぎても一向に彼女が現れません。
『一体どうしたんだろう…』
そう思っていた矢先、再び電話が鳴り、両方とも連れて帰ったはずなのに1匹が居なくなっていたこと、慌てて元の場所に戻ると車の後部座席の下に入り込んでいたこと、同僚と奮闘しているけれど取り出せないこと、を告げられました。
そこで、急遽、私が現地に向かい、3人であれこれと手を尽くして、何とか引っ張り出ことに成功しました。

すでに薄暗くなり始めていた中、改めて見ると、どちらもきれいで、とても人間になれていました。
とりわけ白地の子は、しきりに鳴いて甘えてきました。
身体の芳香剤らしき匂いに、母猫や他の猫が見当たらない点から、人間の手で連れて来られたのは明らかでした。
実は、そこでは過去に2度、やはり2匹ずつ置き去りにされた子猫を保護しています。
(皆さまのお陰で、どの子にも良い里親さまが見つかりました)
つまり、これで3度目なのですが、毎回、いかにも優しそうな人間が通りかかる直前に放されています。
となると、おそらく同じ人物の仕業で、案外、近くに隠れて見ていたのかもしれません。
それにしても、少し先が崖になっているその場所で、よく落ちずに一緒に居たものだと感心しました。
一方で、同様に置いて行かれたまま、命を落とした子がいた可能性を考えると、酷く胸が痛みました。


当の知人は猫を飼った経験がなく、しかも1度連れ帰った時点で犬たちが大騒ぎしたとのことで、そのまま我が家で預かりました。
黒白姉妹はよほど空腹だったのか、与えたウェットフードを「むにゃむにゃむにゃむにゃ」と鳴きながら食べていました。
水も当初は鼻でブシュブシュと音をさせていたものの、すぐに容器から飲めるようになりました。
排泄は、猫砂を置いてやると程なく用を足し、3日(水)の昼過ぎには自力で便も出せました。
このくらいにまで成長していれば、初めて子猫を迎えられる方でも安心して育てられると思います。
何より、特有のぷっくりとした体形で甘えてくる姿は本当に可愛らしく、今だけの期間限定です。
すでにアミーゴ高屋店さまには、募集ポスターを張らせて頂いておりますので、記載した電話番号に直接かけて頂いても構いません。
引続き、よろしくお願い致します!

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

miagolo

Author:miagolo
岡山市中区で近隣の野良犬・野良猫の保護活動をしています。また、お家の片付けの手伝いもしています。動物には里親さまを、物には持ち主さまを見つけてあげたいと思い、このブログを開設しました。どうぞ良いご縁に恵まれますように!

最新記事