FC2ブログ

みゃーごろ miagolo

『晴れの国』岡山から里親さま・持ち主さまを募集します!

Entries

子猫についての悲しいご報告 【北区の4匹の子猫】

こんばんは。
久しぶりの更新にもかかわらず、今夜は悲しいご報告をしなければなりません。

まず、5月8日(日)に記事にした4匹の子猫のうち、最も小さかったオスが9日(月)の晩に亡くなりました。
(動物に「亡くなる」という表現を使うことに賛否両論の意見があるのは承知しております)

そもそも、この子を含む4匹を保護したのは、岡山市北区のある施設の室外機置き場のような場所でした。
ふと、子猫らしき鳴き声が聞こえたのであたりを見ると、装置の下のコンクリート面で黒い小さな生き物が鳴いているのが目に入りました。
そこは四方を背の高い金属の板で囲まれていて、覗くことはできても人間が中に入ることはできません。
急いで警備員さんに事情を説明し、金属の板を外してもらって、ようやく現場に辿り着きました。

早速1匹を保護して安堵したのも束の間、まだ鳴き声は続きました。
再度、外から確認すると、さらに2匹の子猫がいるのがわかりました。
そうして3匹を保護したところで
「ここにもいますよ!」
と、警備員さんが足元を指しました。
じっと目を凝らすと、日陰になった暗い水溜りの中に、小さな小さな黒い物が浸かっていました。
それが9日に死んでしまった子猫でした。
すぐに引き揚げてもらってハンカチで拭くと、かろうじて息はしたものの、身体は冷え切っていて、弱っているのは明らかでした。
体格も他の3匹よりもずっと貧弱でした。

ちなみに一瞬、母親と思われる猫が身を隠すのが見えたため、連れ帰るのを止めようかとも思いました。
けれども、その場所に食べ物はなく、保護活動などもなされたことがないとのこと…。
迷った挙句、母に電話で相談すると
「放っておいても良い結果にはならないから連れて帰りなさい」
と、気持ち良く言ってくれたこともあり、母猫にしっかりと言い聞かせて保護することにしたのです。

家までの道中、水溜りに浸かっていた子猫は他の子と一緒にダンボール箱の中で動き、いくらかは鳴いていました。
しかし、帰宅してミルクを飲ませてみると、鼻から黒っぽい水が次々と出てきました。
やはり、浸かっていた間に泥水を飲んでしまっていたのでしょう。
ミルクを与えていた母が
「飲む力が弱いし、助からないかもしれないよ」
と言いましたが、私自身、保護した時点で同じことを思っていました…。

なお、8日(日)の記事にも書いた通り、動物病院で診て頂いた限りでは、健康状態に問題はなかったようです。
私たちの力不足としか言いようのない出来事でした。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

miagolo

Author:miagolo
岡山市中区で近隣の野良犬・野良猫の保護活動をしています。また、お家の片付けの手伝いもしています。動物には里親さまを、物には持ち主さまを見つけてあげたいと思い、このブログを開設しました。どうぞ良いご縁に恵まれますように!

最新記事