みゃーごろ miagolo

『晴れの国』岡山から里親さま・持ち主さまを募集します!

Entries

17日(金)-19日(日) 『なないろしっぽ』さまにお世話になります!

こんばんは。
すっかり「白黒軍団」としてブログに紹介されるようになった、我が家の保護猫4匹。
明日からの3日間、また『なないろしっぽ』さまの譲渡会に参加させていただきます。
毎回、連れていく日には
「優しいお母さんが来てくれたら、その時は迷わず付いて行くんだよ」
と、言い聞かせているのですが…。
今週末、この子たちに良いご縁はあるでしょうか?

皆さまの周りで、猫を飼いたいと考えている方がいらっしゃいましたら、是非『なないろしっぽ』さまをご紹介ください。
思いもかけない、運命の出会いが待っているかもしれませんよ♪

誠実なお医者さまと3匹の子猫

こんばんは。
今夜は先週起こった、嬉しい出来事をご紹介したいと思います。

約2か月半前の8月28日(月)、私は岡山市北区にあるO皮膚科に行きました。
その前日には、2匹の子猫の預かりを巡って女性二人とトラブルになったばかりで、精神的にも肉体的にも完全にまいっていました。
そんな私の様子がよほど気の毒に見えたのか
「どうしたの?」
と、先生の方から声をかけていただきました。
(当日は3回目の通院で、治療以外の話をするのは初めてでした)
思わず、一連の出来事をざっと話してみたところ、先生は大いに同情してくださって
「実はうちも子猫が3匹居着いちゃってね。食べ物はどこかでもらっているみたいで、寝にだけ来るんだよ。不思議なことに、時々、シャンプーもされているんだ。僕は特別、猫好きってわけじゃないのに、最近は足元にすりすりっと寄ってくるし。さて、どうしたものかな…」
と、逆に相談をされてしまいました。

そこで、飼い主あるいは世話をしている人物を探して室内飼育を依頼すること、見つからない場合はできるだけ早く不妊手術を施して元の場所に離すこと、この2点を提案しました。
ついでに、私で良ければお手伝いをする旨も伝えておきました。

そうして6日(月)の診察後、子猫たちがどうなったのかを聞いてみると
「あれ、言ってなかったっけ?」
と、すでに3匹が不妊手術を受けて、元に戻って来ている話をしてくださいました。
聞けば、やはり猫好きな知人から同じ内容を告げられたらしく、早速、人を頼んで実行されたのだそうです。
私たちは普段、こういった相談を本当に多く受けますが、実際に行動に移す方はほとんどいません。
とりわけ金銭面の話しになると、露骨に嫌な顔をされてしまいます。
それをすぐに、しかも全額自己負担で実行してくださるとは、なんて誠実な方なのでしょう。
(いわゆる社会的地位が高く、裕福な方に限って嫌がられる傾向にあります)
もちろん、医師としての腕も良い先生なので、今後も是非お世話になりたいと思いました。

その後の たかな ちゃん 2


こんばんは。
今日の画像は、昨年8月4日(木)の記事で里親さまを募集した たかな ちゃんです。
当時の姿と見比べると、子猫からお嬢さん猫に成長しているのがよくわかりますね。
先月28日(土)の午後、飼い主M.HRさんと約1年ぶりにお茶を飲んだ後に送られてきました。
当日はお互いの近況報告に加え、保護活動の状況など、猫好き同士であれこれと話が盛り上がったのは言うまでもありません。

目の前に来た動物には手を差し伸べる、そして最後まで責任を持って里親さま探しをする、この2つのことを自然と行えるボランティア仲間は、本当に貴重な存在です。
彼女のように、謙虚で弱い存在に手を差し伸べてあげられる人物と知り合えたのもまた、猫が呼んでくれた良縁の1つです。


たかな ちゃんがM.HRさんの元に残った経緯については、4月28日(金)の記事も併せてご覧ください♪

霜月を前に

こんばんは。
日中の陽気はどこへやら、日が落ちた途端にやってくる冷気に、私のテンションは下がり気味です。
このところ世間(の一部)で盛り上がったハロウィンも終わり、明日からはいよいよ11月。
霜月の名の通り、確実に冬がやってきます。

こうなると、戸外に居る野良猫たちが気になって仕方がありません。。。
我が家にも、最近なじみになった母猫が、遂に2匹の子猫を連れて来ました。
幸い、寝床は優しいご近所さま宅に確保できたようですが、空腹を満たすためには、私たちに頼らざるを得ないのでしょう。
もちろん、3匹の将来を考えれば、やはり捕獲して避妊手術と里親さま探しを行うのが最良だと思われます。
と言うわけで、本格的な寒さを迎える前に、この件も何とかしたいと思います。



我が家の玄関で、フードをもらえるまで静かに待っている母猫です。
小ぶりで可愛らしい容貌をしていますが、身体には絶対に触れさせません。

冬支度


こんばんは。
金木犀の香りが薄れるとともに、肌寒さが増してきました。
皆さまのお宅では、もう冬支度はされましたか?

私は先日、風邪を引きやすい白猫兄弟のために、地元のホームセンターでペット用のベッドを買ってきました。
偶然目にして手に取ってみると、これが予想外にフワフワ、モコモコしていて気持ちが良いのです。
「きっとあの子たちも気に入るはず!」
そう考えて部屋に置いてやると、早速、兄猫がフミフミをして触感を楽しみ始めました。
それが落ち着いた後、弟猫も一緒に入って、気が付けば仲良く2匹で眠っていました。

ただし、想定外だったのは、彼らの身体が大き過ぎてベッドに収まらなかったことです。
(画像でも身体が少しはみ出しています)
数年前ブームになった『猫鍋』をイメージしていたのですが、どちらもオスであるうえ、体重が約8kgと6kgもあれば致し方ありません。
上手に空間を譲り合って、来る秋冬を暖かく過ごしてもらいたいと思います。

ご案内

プロフィール

miagolo

Author:miagolo
岡山市中区で近隣の野良犬・野良猫の保護活動をしています。また、お家の片付けの手伝いもしています。動物には里親さまを、物には持ち主さまを見つけてあげたいと思い、このブログを開設しました。どうぞ良いご縁に恵まれますように!

最新記事